【入門】LaravelのControllerについてまとめ

Laravel

概要

laravelのコントローラーについて書いていきます。
コントローラーは画面からリクエストを受け取って、なんらかの処理をするものです。

コントローラーを作る

下記のコマンドでコントローラーが作成できます。

php artisan make:controller TestController

作った中身は最初こんな感じです。
app\Http\Controllers 配下にファイルができます。

app\Http\Controllers\TestController.php

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class TestController extends Controller
{
    //
}

Controllerクラスを継承した何も書いてないクラスが作成されます。
この中に処理をかいて、web.php にルーティングを書いてあげれば、動きます。

リクエストを受ける

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class TestController extends Controller
{
    public function save(Request $request) {

    }
}

こんな感じでメソッドを書いて、引数にRequestクラスを受け取るようにするとフォームで送信した値が取得できます。
Requestクラスを使うためnamespaceの下に’use Illuminate\Http\Request’ を追加します。

あとは$request->user_name や $request->passwordのようにフォームのname属性で指定した名前で値が取得できるので
それを元に保存したり処理を書くだけですね。

コントローラーについてはこんな感じで簡単に理解できると思います。
こちらに掲示板のサンプルを書いているので見てもらえるとわかると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました