[laravel]ヘルパーを使えるように設定する

Laravel

laravel 5.8にヘルパー(helper.php)を設置しておくと便利。
ということで設定してみました。

helperファイルを置くとどうなる?

laravel標準のヘルパー関数と同じように、viewとcontrollerから呼び出せるようになります。
よく使う処理を書いておくと便利です。

helperを作る

hello. helper!! という文字列を表示するだけの関数をヘルパーファイルに書いて設置しました。
場所は app/helper.php です。

helperファイルの設置

<?php

function hello()
{
    echo "hello. helper!!";
}

helperファイルを読み込ませる

composer.jsonに下記のように記載します。

    "autoload": {
        "psr-4": {
            "App\\": "app/"
        },
        "classmap": [
            "database/seeds",
            "database/factories"
        ],
        "files": [
            "app/helper.php"
        ]
    },

autoloadの下にfilesを作って、そこに書いておきます。

helperを使う

使う前に下記コマンドを走らせておかないと、読み込めずエラーになります。

composer dump-autoload

読み込んだら、viewやcontrollerで hello() と呼び出すだけで使えます。

読み込まれなかったら、こんなエラーに。。

ErrorException (E_ERROR)
Call to undefined function hello()

ファイルのパスを間違えたら、こんなエラーに。。

Generating optimized autoload files> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postAutoloadDump
Warning: Uncaught ErrorException: 

コメント

タイトルとURLをコピーしました