php5.3.3からphp7.1.1へアップデート

Laravelというフレームワークの存在を知って使ってみたくなったので
CentOS6.7のPHPを5.3.3から7.1.1にあげてみました。
なんかwordpressも早くなった気が・・・

ソースをとってきて、
./configure
make
make install
のお馴染みのコマンドでインストールしました。

ソース取得から解凍まで↓(/usr/local/src/にソースを置くのが一般的ぽいすね)

cd /usr/local/src/
wget http://php.net/get/php-7.1.1.tar.bz2/from/a/mirror
mv mirror php-7.1.1.tar.bz2
tar xf php-7.1.1.tar.bz2

インストールまで↓configureオプションはサイトでみたやつを良さげな感じでつけてみました。。

cd php-7.1.1
./configure --with-libdir=lib64 --with-apxs2=/usr/sbin/apxs --prefix=/usr/local/php --disable-cgi --enable-mbstring --enable-mbregex --enable-maintainer-zts --with-bz2 --with-freetype-dir --with-png-dir --with-xpm-dir --enable-gd-native-ttf --with-gettext --with-gmp --with-iconv --with-jpeg-dir --with-curl --with-webp-dir --with-png-dir --with-openssl --with-pcre-regex --with-zlib --with-layout=GNU --enable-exif --enable-ftp --enable-sockets --with-kerberos --enable-shmop --enable-calendar --with-libxml-dir --with-mhash --with-ldap --with-readline --with-snmp --with-tidy --with-xsl --with-gnu-ld --enable-mysqlnd --with-mysqli=mysqlnd --with-pdo-mysql=mysqlnd --with-mysql-sock=/var/lib/mysql/mysql.sock --enable-mbstring --enable-fpm --with-gd
make
make install

はまったのがlibphp7.soができなかったこと。。
これをapacheに読み込ませてあげないと、phpが使えないぽいです。
yumでphpとhttpdを一緒にインストールしたときは勝手にやってくれてたような気がするんですが・・・

上記の –with-apxs2=/usr/sbin/apxs オプションをつけることで作ってくれるみたいです。
/usr/sbin/apxs のパスは環境によってかわるので、ほんとにコマンドがあるか確認しておきましょう。。

which apxs

apxsってapacheの拡張モジュールをビルド・インストールするためのコマンドらしいです。。

むむっ・・・
知らなかったし、つかったことなかった・・・
http://kazmax.zpp.jp/apache/apache3.html

とりあえずこれでhttpd.confのlibphp7.soモジュール定義を確認して、
phpが読み込まれるようにconfファイルをの設定をして、
再起動すると動くことが確認できますたorz

コメント

タイトルとURLをコピーしました