入門Python3 の1章を読み終えた感想&Anacondaの設定ハマりどころ(windows)

概要

現在オライリーの入門Python3を読み始めて、少しずつ勉強していってます(すごく少ないですが1章を読み終えました(笑))
Anacondaの設定にちょっとだけハマったので、レビュー&メモします。

なぜPython

昔チュートリアルだけやったことあったんですが、なんとなくpythonをやってみたくなりました。

1章レビュー

内容的には今後ほかの章で何をしていくのかと、Pythonの初実行みたいな感じです。
やはりオライリーという感じで、書き方に癖がありますよねー・・・
「pyの味」とかいう見出しがあって 味?あじ??・・・
他の言語に慣れているので、わりと分かるんですが、最初にオライリーの本を読むのは難易度が高いかなーと思っています。
2冊目に読むか、プログラミングに慣れている人が読む感じかなと。。

Anacondaとは?

Anacondaって、そもそもなんでしょう。
下記を見てみると 科学計算ライブラリとPython本体をまとめて配布するプロジェクト らしいです。

参考:科学計算向けPython環境を簡単にインストールできる「Anaconda」入門

Anacondaをダウンロードする(付録D)

Anacondaをダウンロードするんですが、普通にダウンロードしてインストールしたら上手く入ってくれませんでした。
管理者権限でインストールしたら下記の位置に配置されます。(Python.exeが入ってます)

C:\ProgramData\Anaconda3

環境変数を通したらPythonが動く環境完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました