[ssl] ssl対応・wordpress編(安全でないスクリプトを読み込む対策)

Web

前回の記事↓でサーバー側のHTTPS(SSL)化に対応しましたが、wordpressのほうでやらないといけないことが残っていたので、対応しました😅

やってないと、どうなるか?

「安全でないスクリプトを読み込む」と表示されてしまいます。
非SSLと判断されてしまうようです。。完全にSSL対応してしまいましょう。

原因は?

ブログ内部のjavascriptやリンクにhttp://のものが残っていると上記のエラーが表示されるので、https://に変えてしまいます。

wordpressの設定とテーマ(cocoon)の設定

私のブログはcocoonのテーマを使わせて貰っているので、書き換える前に下記の対応をしました。
参考リンクと同じように下記を行いました。

  1. wordpressの設定
    管理メニューの一般から WordPress アドレス (URL) と サイトアドレス (URL) の箇所をhttpsに書き換えます。

  1. cocoonの設定
    cocoon設定 > その他 から「内部URLをSSL対応(簡易版)」を有効化します。

  2. 個人のプロフィールリンク書き換え
    ユーザー一覧の自分のユーザー情報に http:// が残っていたので書き換えました。

リンクの書き換え

記事のリンクを書き換えるためにSearch Regexプラグインを使いました。
記事内の検索した文言を置換してくれるプラグインです。

早速インストールして、メニュー > ツール > Search Regex のページを開きます。
Search patternに検索文字列、Replace patternに置換文字列を入力して、Replaceを押したら下記のようになります。
SourceはPost Contentを選択します。

ここで、Replace & Saveのボタンを押すと保存されます。戻せないので間違えないように気をつけてます。

sourceのほかの項目は

Comment author – コメントの名前
Comment author email – コメントのメールアドレス
Comment author URL – コメントのURL
Comment content – コメントの内容
Post content – 記事の本文
Post excerpt – 記事の抜粋
Post meta value – 記事のカスタムフィールド
Post title – 記事のタイトル
Post URL – 記事のURL

らしいので、上記も必要であれば書き換えます。 参考

メディア / ライブラリの内容が・・・

それでもまだ残っちゃってました。メディアライブラリの内容は書き換わらないらしいのです。。(えっーーー)
mysqlにログインして、テーブルをupdate文で更新します。
もしくはPhpMyAdminなどがあれば、そこから下記のSQLを流します。
ドメインは自分のサイトに変えましょう!

UPDATE wp_posts SET guid = REPLACE(guid, 'http://[ドメイン]/wp-content/uploads/','https://[ドメイン]/wp-content/uploads/')

所感

SSL化は簡単だと思って、えいやっー っでやったら大変ですね。。
新しくサイトを作る場合は最初からhttpsで立ち上げたほうがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました